ミノキシジルの育毛剤

頭皮の血液の循環を良くするための育毛剤として、血管拡張するミノキシジルというものがある。
血管拡張剤のミノキシジルはもともと、高血圧の患者に血圧降下剤として使用されていた薬である。 血圧降下剤として薬を処方していた患者の多くに多毛症の傾向が見られたことから発毛の研究を始めた。

1980年代にアメリカでミノキシジルを入れた育毛剤が発売された。 1980年のアメリカで発表されたミノキシジルの育毛剤によってミノキシジルの発毛剤が開発されていった。 1980年代日本でもミノキシジル系の育毛剤が知れ渡り、個人的に輸入して手に入れる人が多かった。
1999年に日本ではじめてミノキシジルを使った育毛剤が発売され、現在でも人気を高めている。 毛根に栄養や酸素などの発毛エネルギーを送るのは血管であるため、このミノキシジルが良いとされる。
ミノキシジルの育毛剤によって助けられる人も多いと思うが副作用もしっかり確認しなければならない。 高血圧症として治療を受けている人はミノキシジルの育毛剤を使わないようにすること。 低血圧の人もミノキシジル配合の育毛剤を使用すると血圧が下がりすぎてしまう危険もある。 高血圧も低血圧もどちらの人もミノキシジルの育毛剤を使用る時は医者に確認することが必要である。