飲む育毛剤

育毛剤は一般的に直接頭皮に塗り、働きかける物と考えるが、育毛剤には飲むものがある。
男性脱毛症の進行を抑えるための薬として、プロペシアという飲む育毛剤がある。 飲む育毛剤であるプロペシアは、一般的にフィナステリドと呼ばれている。

プロペシアは前立腺がんなどの治療薬として開発されたものであるが、副作用として異常発毛が見受けられた。 アメリカでは食品医薬品局であるFDAは飲む育毛剤として認可されている医薬品である。
日本では2005年10月に厚生労働省から輸入承認を取得して、12月14日に日本初の発売がされた。
プロペシアである飲む育毛剤は医療用薬品であるため、購入するには医師の診断のもとに処方が必要である。 飲む育毛剤であるプロペシアは男性専用の薬で、女性は服用できないので注意すること。 プロペシアは男性型脱毛症の進行を遅らせる治療薬である。
プロペシアである飲む育毛剤の効果は時間がある程度かかってしまう。

プロペシアを手に入れる人も多くなったが、副作用として男性機能の低下を引き起こしてしまうこともある。 プロペシアによる男性の性機能の低下は、服用を中止することのより元通りになる。 女性が服用中に妊娠すると胎児に異常が発生するので、女性の処方は禁止されている。