育毛剤による副作用

育毛剤は、髪の悩みを持つ人にとって素晴らしく助かる薬であるが、副作用のリスクを忘れないでほしい。 使用上の注意を守れば問題ないものが、知識を持たず使用すると、重い症状が出る可能性もある。

肌のタイプが個人で異なるので、個人によって頭皮に炎症を起こしたりもする。 天然由来成分などを配合することによって肌への刺激を極力軽減しているものが多い。 肌への刺激を極力軽減しているが、全ての人の肌に合う成分というものはないため、安心してはいけない。
育毛剤や育毛シャンプーなどの外用薬タイプでも、飲む薬でも、頭皮にカユミを感じたりする場合もある。 育毛剤はほぼ頭皮に直接働きかけるものであるので、どんな種類の育毛剤もトラブルリスクはある。 育毛剤によって頭痛やめまい、吐き気などの症状が起こる場合もある。
血管を広げるための薬である「ミノキシジル」が入ってると頭痛やめまい、吐き気が起きたりする。 医薬品育毛剤は医薬部外品のものより効果が高いとされるが、その分副作用のリスクが高い。 血管拡張薬である「ミノキシジル」は低血圧の人が処方すると危険が伴うので注意すること。
男性の脱毛の原因である、男性ホルモンを抑制する育毛剤を使用すると男性機能に障害が起こることも。